LPKF PicoLine 5000

レーザー加工の新しいベンチマーク

  • CleanCut技術
  • 自動化搬送機能に対応
  • 大型サイズに対応: 533 x 610 mm (X x Y)

さまざまな材料への効率的な微細加工

LPKFは、レーザー基板分割機 MicroLineシリーズを元に、レーザー加工品質へのさらなる要求に対するソリューション、LPKF PicoLineを開発しました。この新型レーザーシステムにより、高品質と加工時間の短縮が可能になります。また、装置導入の効果として歩留まりと生産効率の最大限の向上が期待できます。

超短パルスレーザーとLPKF CleanCut技術を搭載

LPKF PicoLine 5000は、FR4、PI、LCP、PTFE-FPCといったPCB基材を高い位置決め精度により正確に加工します。最先端のレーザー技術により、切断面への熱影響(HAZ)はごくわずかになりました。ぜひサンプル加工をご依頼頂き、業界標準を上回る納得の加工結果、クリーンな切断面と正確なビアをご確認ください。

技術データ

LPKF PicoLine 5000 
最大加工エリア533 mm x 610 mm (21" x 24")
位置決め精度+/-  20 µm
レーザースポット径  25 µm
装置寸法 (W x H x D)1660 mm x 1720 mm x 1900 mm (66" x 68" x 75")*
装置重量約 2000 kg

* ステータスライト装着時の高さ = 2200 mm (87")

写真

 ダウンロードはこちら

Brochure
LPKF 5000 Series (pdf - 633 KB)
Download

お問合せはこちら

お客様情報を入力してください

お問合せ内容

ご入力頂いたデータはLPKFのプライバシーポリシーに従って取り扱うことに同意します。

* 入力必須項目
Productfinder
Productfinder