Laser Plastic Welding for Medical Technology

レーザー樹脂溶着

医療技術に求められる
信頼性

レーザー樹脂溶着は安全性と信頼性を提供します

追跡可能なプロセス、アプリケーションの衛生管理

LPKFは、プロセスの信頼性と品質保証に力を入れています。プロセスモニタリングシステムにより加工プロセスのトレーサビリティと正確な再現性を保証します。衛生条件の順守とプロセスの検証は、医療技術分野におけるプラスチック部品製造の重要な要素であるからです。

医療技術での応用例

クリーン、高速、柔軟性で信頼性が高く、クリーンルームに設置できるよう設計されています:LPKFの プラスチック溶着レーザーシステム により、(化学)添加剤、異物、粒子汚染なしにプラスチック部品に安全、衛生的で確実な気密性をしっかり保った接合部を作成できます。機械部品にかかる負担はほとんどありません。たとえば、この技術は、プラスチック製のハウジングや幾何学的なパーツを結合する場合やマイクロ流体回路で使用されます。

Laser welded catheter
円筒形部品

小さいものから大きいものまで、プラスチック製の円筒形部品は、レーザーによるラジアル溶着で接合されます:カテーテル、バルブ、ピンなど

Laser welded cartridges
カートリッジ

微細なチャネル形状の正確な接合–表面損傷、添加剤、粒子の発生のない完璧な溶着結果

Housing of an Insulin Management System
ハウジング

レーザー溶着されたハウジング – 衛生的な接合部と美しい外観の気密性の高い筐体

Microfluidic Part
透明部品

レーザー溶着された透明なプラスチック部品–マイクロ流体回路、または美的・機能的理由での透明な部品の接合

プロセスの信頼性と品質保証

LPKFレーザーシステムがプロセスチェーンを保証します

柔軟な生産オプション、材料を傷つけないプロセス、衛生的で高精度のプロセスシーケンス、およびすべての溶着プロセスのトレーサビリティによって接合品質と生産の収益性を保証します。LPKFシステムは、インダストリー4.0(第4次産業革命)をもとに、標準化された電気的および機械的インターフェースを介して既存の生産システムへの組込みが可能です。

溶着線はどのようなものですか?

  • マイクロメートルオーダーの溶着線幅
  • 完全に気密性を保つ溶着
  • 粒子の発生なし
  • 非常に細かく美観に優れた溶着線構造

モニタリングと制御プロセスは、中央制御システムを通じてユーザーに提供され、溶着品質を保証します。溶着プロセスは、複数のテスト手順を使用して、個々のコンポーネントごとに記録、文書化できます。

また、クリーンルームに適したシステムを装備して、生産ラインに組み込むこともできます。


 お問合せはこちら

LPKFの医療技術の専門スタッフが皆さまからのご連絡をお待ちしております。

お客様情報を入力してください

お問合せ内容

ご入力頂いたデータはLPKFのプライバシーポリシーに従って取り扱うことに同意します。

* 入力必須項目
Productfinder
Productfinder