社内・研究室でPCBを試作加工

直感的に操作可能な
ソフトウェア

使いやすいソフトウェア

多様なパラメータとウィザード機能

LPKF基板加工機ProtoMatおよびProtoLaserにはパワフルなソフトウェアが付属しています。ソフトウェアはCADデータをインポート、編集など各工程の作業をステップバイステップでガイドします。

高性能なデータ処理 ...

"... だからこそ、最新のプロトタイピングシステムの制御には洗練されたソフトウェアなしでは考えられません。LPKF CircuitProは、最新のパワフルなCAM・マシンソフトウェアです。データの準備とシステム制御を1つのプログラムで実行します。

インストール時に、LPKF CircuitProはどのツールや装置が使用され、生産工程に含まれるかをチェックしそれらを製造プロセスに含めることができます。LPKF CircuitProはCAD/EDAシステムから設計データをインポートします。ウィザード機能によって、レイヤー数、基材の種類、仕上げタイプなどの入力により、素早く簡単にプロジェクトパラメータが作成されます。"

Lars Führmann, LPKFビジネスユニット開発担当プロダクトマネージャー

デザインルールチェック

LPKFソフトウェアには、メカニカルミリングの高度なアルゴリズム、または回路加工用のレーザーパスが含まれています。ツールリストから加工幅を確認するためのデザインルールチェックも利用できます。

インシュレート機能

次のステップでLPKF CircuitProは、導電性トレースをインシュレートするためのパターン切削ライン、および基板を分割するための外形カットをテクノロジーダイアログボックスで生成します。

プロダクションウィザード

生産工程を通してユーザーをガイドするプロダクションウィザードにより、加工を簡単に制御できます。CAMからマシンビューに切り替わると、LPKF CircuitProは、ユーザーに基材仕様を入力するようにガイドし、加工機テーブル上の基材位置調整も可能です。データが仮想作業面に表示され加工を開始できます。コピーされた複数のデータをパネル上に配置することも可能です。

通知機能

加工中に手動での介入が必要な場合には、ウィザードがユーザーに通知します。これらの通知は、両面基板加工時の反転、スルーホールめっき、またはツール変更などです。最後に作業データを保存すると、すぐに追加生産用のデータが開き、次の作業に利用できます。

最適なパフォーマンス

最新バージョンでは、幾何学的構造の検出が強化されています。これによってProtoMatとProtoLaserは作業工程を大幅に速めることができます。


 お問合せはこちら

お客様情報を入力してください

お問合せ内容

ご入力頂いたデータはLPKFのプライバシーポリシーに従って取り扱うことに同意します。

* 入力必須項目
Productfinder
Productfinder