LPKF
TwinWeld 3D 6000

特許取得済のハイブリット溶着システム

  • 大型ロボットアームを備えたメンテナンスの少ないレーザー溶着ヘッド
  • タクトタイムを短縮するための回転インデックステーブル
  • レーザーセーフティウィンドウ一体型レーザーセーフティ筐体

LPKF TwinWeld 3D 6000

回転インデックステーブルでの効率的なLPKFハイブリッド溶着

LPKF TwinWeld 3D 6000には、大型プラスチック部品を確実に溶接溶着するための600 x 600 x 600mmの溶着ワークフィールドが備わっています。また、タクトタイムを改善するための回転インデックステーブルもあります。

用途例

特許取得済みの溶着プロセスである LPKFハイブリッド溶着 は、熱源の効率化を利点としています。この革新的なレーザープロセスにより、高品質の接合線が可能になり、同時に柔軟な軌跡を描くことができます。光学的および機械的に優れた溶着線と高いプロセス速度により、複雑な輪郭でも迅速かつ経済的に実現できるため、設計者と製造部門の両方に多くのメリットをもたらします。

車のテールライト

ハイブリッドレーザー技術は、柔軟な輪郭ガイダンスと同時に、高品質の溶着線を可能にします。

ハイブリッド溶着の構造

特許取得済みの溶着プロセスであるLPKFハイブリッド溶着は、熱源の効率化を利点としています。

TwinWeld 3D 6000

回転インデックステーブルは、短いタクトタイムを保証します。

 ダウンロードはこちら

カタログ
LPKF TwinWeld 3D (pdf - 944 KB)
Download

 お問合せはこちら

お客様情報を入力してください

お問合せ内容

ご入力頂いたデータはLPKFのプライバシーポリシーに従って取り扱うことに同意します。

* 入力必須項目
Productfinder
Productfinder