LPKF TMG3
透過率測定装置

透過率測定による材料評価

  • 校正された測定装置
  • プラスチック材料の透過特性を測定
  • 射出成形による材料の品質ばらつきを検出します
  • 数秒で結果確認可能です
  • すでに600台以上の装置が市場で使用されています

透過率測定のリファレンス装置

レーザー溶着プロセス前の品質検査

溶着するプラスチック同士の透過特性は、レーザーによる溶着の品質を決定します。包括的な品質保証の一環として、レーザー溶着プロセスの前に材料特性をチェックすることで、確実な成果が得られます。TMG3は、Fraunhofer Institute for Silicate Research ISCの協力を得て追跡可能に校正された認定測定装置です。

部品の事前検査

LPKF TMG 3を使用してプラスチックの透過率特性を簡単に測定します。実際の透過率の値と、プロセス定義の目標値とを比較確認するには、わずか数秒しかかかりません。したがって、不適切な部品が生産プロセスに投入される前に、事前プロセス(配合または射出成形)からの材料の品質ばらつきを検査します。LPKF TMG 3は、出荷前にDIN EN ISO / IEC 17025に準じた測定標準で校正されており、装置の工場校正証明書とともに出荷されます。

応用例

生産ラインに適合: 自動車産業など、高スループットまたは特に高品質の要件が求められる生産ラインでは、レーザー溶着用の組み込みシステムを提案します。機械制御システムによって直接コントロールが可能です。TMG 3透過率測定装置は上流工程に直接組み込みされるため、射出成形の不正確さなどによる品質低下を回避できます。

すべてのプラスチックタイプに:さまざまな色の材料の透過率の値を測定できます。また、レーザーのエネルギーを吸収する部品(吸収剤)は必ずしも黒色である必要はありません。

品質保証のために: TMG 3透過率測定装置は測定データをエクスポートできます。これは、基盤となるソフトウェアにとって大きなメリットです。

最新技術と完全サービスパッケージ

LPKF独自技術のTMG3装置を使用した、透過率測定によりプラスチック材料を認定し、ビジネスの安全を確保します。

追跡可能で、校正・認定されたTMG3測定装置は、プラスチックの透過特性を測定し、射出成形によって引き起こされる材料の偏差を検出します。数秒以内に信頼できる結果が得られる、これは市場で何百回もテストおよび検証されています。

  • 生産ラインに最適
  • すべての種類のプラスチックに
  • 事前の品質確認
  • キャリブレーションプレートは装置パッケージに含まれています
  • オプションのサービスパッケージをご利用いただけます

 ダウンロードはこちら

カタログ
The Only Certified Measuring Device (pdf - 413 KB)
Download

 お問合せはこちら

お客様情報を入力してください

お問合せ内容

ご入力頂いたデータはLPKFのプライバシーポリシーに従って取り扱うことに同意します。

* 入力必須項目
Productfinder
Productfinder